Last Entry Over Day Line 17:45 - 19:08

2005/11/1(Tue) 日本へ向けて


飛行機が飛び立ちました。
ほんとうに、日本に帰るんだなという不思議な感覚です。
高校の修学旅行以来の海外でした。

その中で、走ったり、考えたり、本をよんだり。
そして、今まであった事もないような人たちと話したりと。
自分を帰るいいきっかけになったと思います。

そんなことを考えながら、いま飛行機の中で最後のエントリーを
書きたいと思います。

前夜祭


こちらでとてもお世話になった人に家に招いてもらい
ディナーをごちそうになりました。

食事ができるまでは、お子さんたちと遊んでいました。
→これも結構楽しかった。
 発想であったり、欲望であったり、とてもストレートで純粋で。

みんなで食事をいただきました。
→とてもおいしかった。お味噌汁すごい久々だった。
 ワインもしっかり飲ませてもらいました。

その後、お子さんがお休みになったところで
いろいろな話をしました。

仕事とアイデンティティ

シリコンバレーベンチャー企業と日本企業の
とても大きな違いは、
「アイデンティティベクトル」と「仕事ベクトル」の関係。
言い換えると、
「何がしたいか」と「何をしているか」の違い。

日本企業で働いているとこの向きを一致させるのは
非常に難しい。接点を持っていることすら大変。
一致させたかったら、どうしたらいいのか私はまだ答えがありません。

ただ、こちらのベンチャー企業は、それが一致している。
「私はこの技術や動きに興味があり、今後必ず価値がでると考えてる。」
「だから、私はこのビジネスをしているんだ。」
とても単純なんです。薄っぺらいといわれてしまいそうです。

ただ、強い信念とそれを推し進めるパワー。
とても大切なものだと思います。

どこかでこんなことを読みました。

まずは誰かが自分のためにサービスを作るんだよ。
ビジネスモデルはその後についてくるんだよ。

同じことなのかなと感じたりしてます。

やっぱり、幸せに仕事するには、ベクトルをあわせて
自己矛盾をなくすことがとても大切だと。

ただ、この壁はやっぱり一回では登り切れない。
何度も何度もアタックし続けて行かなくてはいけません。
負けるわけにはいかないのです。

ベクトルが一致していて、さらに顧客から価値を認められている企業
こういった企業が増えてほしい。こういった会社を作りたい。

アイデンティティに無理をさせたくないけど、自分自身と戦わなくては。

ビジネス

技術の進歩で、様々なことが可能になって
経済、ビジネスが変化してきている。

yahoo、google、amazonが、急成長を続けている。
なんで、WEBサービスといった形で、無料でサービスを提供しているのか。

広告以外にインターネットで利益をたたき出す方法

どこで、何をしたらいいのか一握りの人間しか分かっていない。
信念をもって動き出している人々がいる。
→もちろん、私自身は何なのか分からないし
 それが正しいのかどうかを紙の上で説明できる人もいない。
 もしかしたら、ただのバブルのように消え去っていってしまうかもしれない。
→きっと、こう考えてしまうのも、私の中にある日本人の特性なんでしょう。

前回のバブルには間に合わなかったが、
今回は見ているだけっていうのはいやだ。

必ず、どんな波がくるかは分からないが乗っていきたい。
そのためには、動き出すこと。

そのための時間をちゃんと自分に与えてあげること。
環境作りを始めよう。

これからのこと


これから、自分が様々な場面でどのように感じ
どのように行動するのか、自分で想像がつきません。

たぶん、結構ここ3ヶ月で変わってしまったから。
楽しんで行きたいと思います。

社会人になるときに、私が決めたタイムリミットは

8年

これは、私が30歳になるのと
同時に父親が60歳に間で年です。

そう考えると、折り返し地点にいることになります。

あと、たった4年。
ただし、人生で一番様々なことが吸収できる期間。

前につきすんで行きたいと思います。

最後に


自分宛のメモ。

my Dreams
 I will make a Canpany in USA.
 I will talk to everyone int the world.
 I will marry my best partner.
 I will have been happy.
 I will have been working in my life.
 I will have been smaile.
 I will have will make everyone happy.  

my Quetions
 What are you doing now ?
 What do you need now ?
 where do you need to go ?
 Do you think the future ?
 Why not do you forget The Three Months ?

スローガン
 Stay hangry, Stay foolish.

このブログはこれで最終エントリーにします。
これで、私のファーストシーズンは終わりです。
来週からセカンドシーズンを始めたいと思います。

こっちでとった写真は別途どこかにUPしたいなと考えています。
そのうち、ここでURLを紹介します
せっせか、ここにアップしました。
http://www.flickr.com/photos/masao/
ただ、写真数がたいりょうなので。。
順次整理していこうと思います。

ではでは。
[PR]
# by masao_sanmateo | 2005-11-02 07:05 | Life

10/30 8:14-9:42 残りあと二日

HWY101のトラフィックを聞きながら


今思うと、あの考えられない生活から離れて、3ヶ月が経過しようとしている。
あっという間だったが、この上なく充実した3ヶ月を経験する事ができた。

これだけは自信を持って言える。
「この3ヶ月、自分のためだけに生きぬいたし、楽しんだ。」

3ヶ月前まで


3ヶ月前までの私は(たぶん幼い頃からずっとそうだったのだと思うが)
恥ずかしながら外見だけのいい子を演じ続けていた。

だから人の目を異常なまでに怖がっていた。
 おこられる事
 馬鹿にされる事
 etc....

その結果 
 無理を続けていた。
 精神的にぼろぼろになっていた。
 馬鹿な事を考えてしまったときもあった。
 何かに追われている恐怖感におびえて、
 睡眠もほとんどとれなくなっていた。

それから、どんどん自分が崩れていった。
最後に、自分が求めているものをねじ曲げて
逃げ出そうとしていた。

いつも笑っていると言われていたはずなのに
笑い方を忘れてしまっていた。
人ともほとんど会わなくなっていった。
→こんな状態でも、なんとかやっていられたのは仲間のおかげだと思う。
 本当にありがとう。

そんな中での、アメリカ生活の始まりだった。

リハビリ(最初の1月)


すべてが初めての体験の連続だった。
 景色
 気候
 食べ物
 ホテル
 etc....

そういった、新たな刺激を受けながら
何かが変わり始めていたのかもしれない。

こっちで初めてミーティングをやった時、
まだ、悪い癖は抜けてなかった。
いかに自分をよく見せるか。力もないくせに。
それに躍起になっていた。
そんな事を覚えている。

そんな生活が始まって、休日何をしていたかと言えば
考えずにひたすら走っていた。
走って、走って、走った。

なんで走ったのか。
それは。
たぶん、天気がよかったから。
たぶん、そう。
ソラがあおくて、気持ちよかったから。

すこし、まぶしく感じ始めていたのだと思う。
霧がだんだんはれてきた。
そして、新しいカメラを買った。

リセット(二ヶ月目)


今度は、新しいカメラが届いて、吹っ切れたように
写真を撮りまくった。目に入るものすべて
とってやろうという気持ちで。

写真を撮るのは大学にいたときからの趣味で
そこころ教えてもらって撮り始めたのがきっかけ。

それから、働くようになって夏休みや冬休みに
どばっと撮ってネットにUPするような事をよくしていた。
最近、それが最近ぱたっと止まってしまっていたので。。

ただ、無心で。
ただ、感覚だけで。
自分の好きなものを好きなようにとりまくった。

写真の好きなところは、自分の感覚を呼び覚ませてくれると言うか
新たな景色を表現してくれるところがほんとうにうつくしい。

そんなこんなをしているうちに、
新たな人たちとの出会いがあふれていた事に気づく。

会社の中であれ、会社の外であれ。
みんな私の師匠です。
本当に助かりました。
本当にありがとうございました。

アメリカを教えてもらって
底抜けに笑っている自分を取り戻し始めた。

素直に物事がいえる雰囲気をつくってもらって
忘れてしまっていた知的興味が爆発し始めた。

どっちが前か教えてもらって
走り出すきっかけをつかませてもらう事ができた。

やっとスタート地点に立つ事ができたのだと思う。
背伸びしないでいいや。
ここからなら、遠くまで見えるしね。

ここら辺でおこった考え方の変化。
「おこられるものをつくろう。なんだこれはと言われるものを。」

そして歩き始めるた(3ヶ月目)


この頃からは、無心で本を読み始めた。
さらに、ネットで知識を吸収し始めた。

知った事は
自分にはまだ何の力もついていなかった事。

感じた事は
まーこれからやればいいじゃんという事。

パンパースみたい(最近使ってないけど、相当吸収しそう。)に、
知識を吸収し始めたのは、このころだと思う。

それから、勝手に頭と体が動き始めた。

なんか、大学4年のときに、起きてる間はずーーーと
プログラミングしていた時を思い出した。
→たいてい、コーディングしたまま意識がなくなって
 眠ってて、目開いたらまた始める。
 ばかなんです。スミマセン。限度知らないから。。

でも、おもろいんだよね。そういう時。
起きてる間中、頭は冴えてるし。
多分寝ながら設計して、
起きてるときにコーディング(手作業)って
言う感じでやってたはず。

そんなこんなではしゃぎまくって。
わらって。さけんで。おどって。よって;;;

行けるとこまで、やれるところまで。
きっと、どうにかなる。

自分のセカンドシーズンのスタートまであと二日。
こんな気持ちで、過ごしています。
[PR]
# by masao_sanmateo | 2005-10-31 14:44 | Life

観光(第一回)

観光 第一回


観光というか、私が3ヶ月で行ったところを
感想付きで書いていこうかなと思います。
今回はその第一回目。

ダウンタウン


 フィッシャーマンズワーフ

  北海岸沿い。とにかく人が多い。

  お見上げを買うならいいかもしれない。
  ここから、アルカトラズ島とかフェリーに乗って遊覧とかできます。
 
  ブレイクダンスやってるにーちゃんとかもいたりする。
  
  あとは、アシカがたむろって場所があり。
  サンフランシスコ大地震のあと、いきなり現れて
  住み始めたらしい。

  水族館、フッターズ、ハードロックカフェとかがある。

 ゴールデンゲートブリッジ

  フィッシャーマンズワーフの北。
  vista pointが橋の両側にあります。

  ここも結構人が多い。。
  しかもアジア系。ほとんど。
  で、たぶんほとんどチャイニーズ。

  両側とも景色はとてもきれい。
  ただ、霧が出ると何も見えないので
  通常霧が晴れてくる夕方がベストかもしれません。

  徒歩と自転車で橋を渡る事ができます。
  海 |自転車|車(南)|車(北)|歩道| サンフランシスコ
  こんな感じで分かれてます。

  橋を見るのもいいし、サンフランシスコが一望できるので
  ダウンタウンをみるもよし。

 ベイブリッジ

  ダウンタウンの海岸沿いから、橋全体がきれいに見える。
  夜のライトアップがおすすめらしい。
  なんとなく、普通という感じがする。

  橋の真ん中に、とレジャーアイランドっていう
  島があって、夜景は最高らしい。

 海岸沿い

  東側の海岸沿いは、走ってる人とか自転車に乗ってる人が
  おおい。ゆっくり歩くにはよいところなんではないでしょうか。

  ベーブリッジが見渡せる。
  お店はあんまりなかった気がする。

 ベースボールパーク

  でっかい球場。サンフランシスコジャイアンツの球場。
  ゲームがあると、人だらけになる。
  観客しかりダフ屋しかり。

 パウエルあたり

  お買い物街らしい。
  けっこういろいろなお店がある。

 アップルストアー

  パウエルからすこし入ったところにある。
  アメリカで初めて入ったアップルストアー。
  
  商品紹介のプレゼンテーションで英語のヒアリングトレーニング。
  結構、おもしろい。
  
 中華街

  中華料理がいっぱいならんでる。

  話を聞いてみると、どうも昔からやっていた中国料理店はほとんど
  引っ越してしまったらしい。

  何件か、おいしいお店あり。
  あとは、街がチャーハンのにおい。

  ビジネス街(マーケット)の隣に中華街がある。っていうのを
  聞いたときに何となく分かった気がしました。

 ノースビーチ

  ちなみにビーチじゃないんだけど。
  
  イタリアン系のお店がならぶ。
  パスタとコヒーかな。ここは。
  
  入ったお店はとてもおいしかったし。
  雰囲気もよかった。

 日本町

  物価の高い日本って感じの場所です。
  現地の人のためのものって感じがする。

 まーいろいろと

  ほかにもあります。

バー


 Lucky 13

  典型的なアメリカのバー

  奥にビリアードがあり。
  奥にテラスがあり。

  ちなみに金曜日の6時から8時はドリンク半額。
  happy friday らしい。
  
 EZ5 Bar

  ゆったりとした、感じのよいバー。
  いすもいっぱい。
  
  ここのマスターは、とってもテンションが
  高い面白い人。
  飲み物もおいしかったし。
  
 Nova Bar

  とても入りやすい、きれいなバー。
  壁には、絵が飾ってある。
  お店はきれいだったけど、私が行ったときは
  ハロウィンパーティーだったので、いろんな仮装している人が
  いてとても楽しかった。
  フィッシュだったり、スーパーマンだったり、頭の上に
  フルーツ乗ってたり。DJはベイビーになってたし。

バーベキューパーティー


 好きなものをみんなが持ち寄って、
 適当に焼いて食べる。
 
 そんな感じのパーティーです。
 
 和やかな感じで、喋るのがメインという感じ。
 

YOSEMITE


 すごい広い。大自然という感じです。
 河原で遊んだり、vista pointで写真とったり。
 
 あとは、山に入っていったらもっと面白そう。
 
 ロッククライミングとかも、活発に行われているみたいです。

 時間があまりなければ、
 お弁当をもって、好きな場所を見つけてお昼を食べて
 のんびり過ごす。っというのがいいかもしれません。
 

スタンフォード大学


  圧倒されるほど、きれいな大学でした。
  絶対見に行った方が、いいです。
  たぶん、みんな入学したくなる。

 教会

  きれいな教会があって、ちょうどそこでパイプオルガンの演奏を
  聞く事ができました。教会の中はやっぱり神秘的で
  清潔で、気持ちがすごく安らぐ。
  ステンドグラスがとてもきれいに輝いていました。

 校舎

  建物自体が、すごいきれいな作りをしてた。
  あとは、とにかく広い。広い。
  自然も多い。
  校舎の前にある広場では、多分地元の住民の人が
  バレーボールを持ってきたり、シートを持ってきたり
  澄み渡った空の下、くつろいでいました。
  教室の中には入る事はできなかったけど、
  校舎の石段の上で本を読んでいる人とかがいて
  こんなところで勉強してみたいと本気で思いました。
  ちょっと本気で考えてしまうかもしれません。
  たぶん、自分がこうゆう環境を与えられたら
  ひたすら本を読んでるような気がする。
  あーコンピュータサイエンスちゃんとやりたいな。

 本屋さん

  やっぱり本もいっぱい売ってる。
  めちゃ込んでるなと思ったら、
  9月だから学期の最初で、みんな教科書を買いにきていたみたい。
  さりげなく生徒に混じって、
  教科書が売ってあるところを散策。
  全部英語の本だった。って当たり前か。
  ほかにも、スタンフォードのお土産というか
  さまざまなグッズが売っていました。

 ショッピングモール
 
  結構いろいろ売っています。
  ひろいし、ブランド店も結構ある。
  あそこに行けばほとんどそろう的な場所です。
[PR]
# by masao_sanmateo | 2005-10-31 11:36 | Life